スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paris 最後の晩餐

Paris最後の日の晩餐はお友達おススメの La Cantine du Troquet
ここはLe Troquetというバスク料理のビストロの食堂版

お店は予約がきかないのでちょっと早めに待ち合わせをして
お店の近くのカフェでワインを飲みながら7:00の開店を待ちました。

壁にかかっている大きな黒板から前菜とメインを選ぶんだけど
直筆って読みにくい・・・。
黒板の前にシェフが座っていたのでおススメを聞いて選んじゃいました。

まずは、前菜。
わたしはパイ生地の上にあめ色に炒めた玉ねぎとアンチョビのフィレ
それにベビーリーフを乗せ、オリーブオイルをかけたもの

RIMG1797.jpg

友人はなすのペーストに黒オリーブとパルミジャーノチーズを
かけたもの。ボリュームたっぷりでこれだけでもパンとワインが進みます。

RIMG1799.jpg

メインはわたしは胃が疲れ気味だったのでお魚を選びました。

RIMG1801.jpg

友人はこのお店の定番でバスク地方のイバイオナ豚の胸肉のグリエ

RIMG1803.jpg

もうこれだけでもお腹いっぱいなのにポテトフライがもれなくつきます。
これ、塩加減が絶妙でおまけにホクホクで美味しいんですよ~。

RIMG1804.jpg

満腹をちょっと超えたくらいお腹一杯だったけど
デザートに友人のおススメを1皿頼んでシェアしました。

RIMG1809.jpg

あぁ、ここは料理だけでなくカラフで頼むワインも美味しくて大満足。
Parisに行ったら、是非、再訪したいと思います。

ちなみにここのシェフのChristianはTVにも出てる有名人らしい。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

v-20 hiromiさん
あらら、お友達は行けなかったんだ。
残念だったね。。。
グルは次回是非連れて行ってね。
トマトソースの写真は撮り忘れちゃった
みたい・・・

レストラン三昧

ソルド目的で来た友人は、疲れすぎて、クリスチャンのところには行けませんでした(苦笑)
レ・プレ・ヴェールとクリニャンクールのレストランには行ったよ!
付け合せのご飯をフリッツに換えてもらったけどね。
一緒に行けなかったグルは、やっぱり美味しかったわ!
美味しいトマトソース、載ってないね(笑)
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。